薄毛治療に有効な育毛を促進する食べ物

薄毛治療では、育毛剤などの外側からの治療の他に、内側から体質改善することが効果的とされます。薄毛治療に食べ物の見直しは欠かせません。食べ物の中には、育毛を促進する効果を持つものがあります。まずタンパク質を多く含む食べ物です。髪の毛はケラチンというタンパク質で構成されています。よってタンパク質を多く摂取することが大切ですが、肉類を多く食べると脂質を過剰摂取することで、余計に頭皮の毛穴に皮脂が詰まりやすくなって育毛を阻害します。よって良質なタンパク質を積極的に食べます。そこでおすすめなのが、大豆です。大豆は味噌や納豆など多くの加工商品に使用されているので、毎日飽きずに食べられます。また大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、薄毛の原因である男性ホルモンの過剰摂取を抑制します。次にタンパク質を効率良く摂取できるようにビタミン類が豊富な食べ物を食べます。カボチャやニンジン、ほうれん草などに多く含まれるビタミンAは、皮膚や髪の毛を健康に保ちます。ビタミンAは加熱すると成分が破壊されて油に溶けるので、油と一緒に調理すると栄養素を損なうことなく摂取できます。マグロやカツオも育毛に効果的です。これらの食べ物はビタミンB6が豊富で、タンパク質を合成するアミノ酸の代謝に関係しています。アジやサバにもビタミンB6が含まれており、魚も良質なタンパク質を持ちます。そして、亜鉛が豊富な牡蠣を食べます。亜鉛は育毛ミネラルと呼ばれるほど、髪の毛の成長に重要な役割を持っています。男性ホルモンが原因の抜け毛を抑える効果もあります。さらに牡蠣はアミノ酸も豊富です。