アロエで育毛ディップを作ろう

昔から何にでも効く万能薬として有名で、家庭でも栽培されることの多いアロエですが、育毛効果もあります。

アロエの保湿効果で頭皮環境がよくなるとともに、アロエに含まれているアロインという成分が男性ホルモンの影響での薄毛を予防するとされているのです。

育毛剤の作り方ですが、皮をつけたまま5ミリ間隔に刻み、ホワイトリカーを注いで漬け込みます。冷暗所で1ヶ月ほどすれば完成します。噴射式の容器に入れて使用します。
アルコールの刺激が気になる場合は、アロエをミキサーで細かく砕いて鍋で30分くらい煮込み、荒熱をとって冷蔵庫で保管して使用します。こちらはディップ状の仕上がりとなっているのでこのディップを頭皮につけてマッサージするようにもみこみます。
どちらも保存料など入っていないので早めに使い切る必要はあります。

ただ、刺激が強いため人によってはアレルギーが生じることもあります。頭皮にかゆみがでたりかぶれたりする可能性があるのです。ディップを塗る際も事前にパッチテストを行う必要があります。最初は薄めたものから試すほうがよいです。
アロエにも種類があるので、キダチアロエやケープアロエなどは副作用を起こしやすく使用を控えたほうがよいです。
入れるための容器もしっかり熱湯消毒してから利用するようにしましょう。

化粧品やシャンプーに使われることもあり、頭皮の健康を保つためにも効果は期待できます。ただ男性ホルモンを抑制して薄毛を予防するという効果については医学的根拠には乏しいものです。髪に潤いを与えて頭皮環境を整えることが第一の目的なのです。民間療法の一種としてあまり育毛効果を期待しすぎず、刺激が強いものなので何か異常を感じたらすぐに使用をやめるようにしましょう。